画像加工広場


   
   



 歳と共に体感速度の速さを実感しながら老夫婦共に恙無く過ごさせてもらっていますが、 元気でいられる今のうちに遠方旅行を楽しもうと、 年に2回ほど5〜7日程度の旅を楽しんでいます。  これまでの遠方の旅は飛行機で現地へ入り、そこでレンタカーを借りて自由気ままに移動するというパターンで、 最近では沖縄本島、山陽地方、八重山諸島、九州地方、白川郷、・・・など思いつくままに自由気ままな旅です。
海外旅行となると添乗員の旗の後をついて歩くだけで疲れてしまうが、 国内旅行は自分の都合だけで気ままに歩けるので旅を満喫できます。
国内外を含めてこれまでの旅の中では、やはり沖縄本島の旅が最も印象に残ります。  天候に恵まれ、それに自由気ままな旅でのんびりできたこと、きめ細かな計画が企てられ、密度の濃い観光が出来たからだろうと思っています。
これもインターネット情報のお陰です。  多くの方々が旅先で体験したことを詳しく掲載していただけるので、それを頼りに旅行計画表と予算を決めればよい。  あとは旅行会社へそれを持ち込めば手配はその場で全てやってくれるから助かります。
私はいつもJTBさんにお願いしていますが、すっかり顔なじみになって予定変更などもスムーズに進むから有難いです。
このように老夫婦の旅が気軽に楽しめるのもネット情報のお陰、 それなら自分の体験も参考になればと思って最も印象に残る沖縄の旅記録を掲載することにしました。




◇ その他の旅で印象に残る観光スポット
 古希を過ぎた辺りから始まったデジカメの高性能化に伴い、旅の記録もたくさん残すようになり、 それらの記録を頼りに思い出を辿りながらアルバムを整理する的な感覚で旅記録を綴っています。
何れも歳を取ってからのゆとり旅ですから思いで深いものばかりですが、 その中でも八重山諸島の旅は感動的な光景に触れられ印象深いものが多く、 特にサンゴ礁から生まれた美しい鍾乳洞には感動しました。



◇ 沖縄本島 : 印象に残るパワースポット
 沖縄本島の浜比嘉島にあるシルミチュービーチを散策すると、神秘な世界に舞い降りたような感覚になり、この光景が暫く続く。
ワルミ大橋の農産物直売所の展望台から : 遠くにに古宇利大橋、古宇利島が見える。 とにかく美しいの一言だけです。
 東洋一とも言われる壮大な景観を誇る玉泉洞で見たスケールの大きさ、鍾乳石・石筍のすごさは圧巻。 なっ、なんだ、これは!、といった感じがず〜と続く
 美らテラスから見た古宇利島。右に全長1.96kmの古宇利大橋、遠くに古宇利オーシャンタワーが見える。
|  画像加工広場  |  卓上の音楽  |